Q.38 2歳2ヶ月の男の子ですが、まだ全く言葉をしゃべりません、指差しは出来、親の言うこともわかっているようですし、声も出ます、いつ頃まで様子を見ていてよいか、また、どのように対処したらよいでしょうか?
A.38 かかりつけ医に相談に乗ってもらうのが早道です。
一般に2歳頃になると、よくしゃべる子としゃべらないこの個人差が目立つようになり、周囲が問題視することが多いようです。言葉の遅れは大別して子供の側の問題と環境の問題に分けられます。

1.子供の問題

 知能障害(ご質問の範囲ではないと思います)

 聴力障害(ご質問の範囲ではないと思いますが耳鼻科専門医の診察はお受けになっておいた方がよいでしょう)
 脳性麻痺(今まで乳児健診を受けておられたのなら、ないと思います。)

 失語症(今の段階では考えなくてもよいと思います。)

 自閉症(ご質問の範囲ではないと思います。)

などの異常がないかを小児科医、耳鼻科医などに診てもらうことになりますが、上記各項のコメントのように心配はないようです。

2.環境の問題

言葉の遅れは多くの場合、子供の個性と親子の関わり方に問題があることが多いようです。

 A.親が子供の動作を察して、用を済ましてしまうため子供は言葉を使わないで済んでしまう。

 B.養育する大人が早口のため、真似が出来ない。

 C.少しでも声が出たときに、正しく発音させようと言い直しをさせたり、話すことを強制したり、いろいろな言葉を一度に覚えさせようとしたり、うまく発音できないことを、しかったりすると声を出すこと自体をいやがるようになる。

などの言語環境に問題があることがしばしばあります。

従って、家庭で出来る、対処は

子供の意向はわかっても少し子供に意思表示させる時間を与えるゆとりを持つこと。

大人同士の話でも子供がいる間は、たとえ子供にわからない内容の会話でも、なるべくゆっくり、はっきりした言葉で話し、聴かせてあげる。

例えば、父親を『ぶぁ〜』と言ったら『パパね』とはっきりゆっくり、一度だけオウム返しをしてあげる、 そして少しでも正しい発音に近づいた時には大げさにほめてあげる。

子供が声を出したときには、意味は分からなくても大人が興味を持って聴いていますよという態度を示す。

などを試みて下さい。

個々の子供や家庭の条件により、さらなる対処も必要となりますので、かかりつけ医と相談の上、実状にあわせた、対処をする事になります。

子供に上記の身体的な障害がない限り、通常は3歳頃までにはしゃべるようになり、語数も増えます。
ちなみに私の弟は5歳になるまで、自発的に歩くことも、発語もなかったといいますが、現在、内科を開業しています。
目次へ戻る】【検索へ戻る