Q.43 誰にでも出来る風邪(インフルエンザを含む)の予防法を教えて下さい。?
A.43 日常生活の中で出来ることが沢山あります、特にインフルエンザや重い風邪の流行期には出来る限りの防御を致しましょう、以下に手軽に出来そうなことを列挙しておきます。(Q.10参照)
1.家庭生活について
A.調理の前、食べ物や飲み物を摂る前には必ず『手洗い』、『うがい』をしましよう。
『手洗い』は石鹸と水道の流水を使います、手のひらばかりではなく手の甲、指の間、指先も丹念に洗って下さい。
『うがい』は風邪のウイルスが主として鼻の粘膜から侵入するので風邪の予防にならないと言う意見もありますが、『のど』に付いた病原体は洗い流すことが出来ますし、口腔、気管の保湿になり結果的に病原体を体外に出す気管の働きを助けることになりますので励行いたしましょう。

B.食器類は洗剤と水道水で十分に洗浄しましょう。
インフルエンザや風邪のほとんどの原因であるウイルスは煮沸してもほとんど死にません、ウイルスや細菌の最も良い取り除き方は洗剤と水道の流水による十分な水洗です、これによって家族内感染はかなり防げます。

C.日光浴
寒い冬は特に太陽光に当たる機会が減ります、健康維持のため積極的に陽に当たる努力をしましょう。

D.室内の掃除と加湿
部屋の清潔や換気はよどんだ空気を新しくし、埃を取り除くことにより鼻や気管の粘膜を保護することになります、部屋の換気が終わったら乾燥の程度によって人のいる部屋の加湿が必要です。

E.洗濯物、ふとんの日光干し
直射日光に当てることにより、多くのウイルスや細菌を死滅させることが出来ます、陰干しや乾燥機では出来ません。
おもちゃ、特に『ぬいぐるみ』の洗濯、日光干しは重要です。

F.規則正しく、栄養バランスのとれた食事
体の基礎作りです、風邪とは関係なくとも健康のために、普段から規則正しい食習慣を守りましょう、不幸にして病気にかかったときにも差が出ます。

G.睡眠は十分に
意味のない夜更かしや、慣習による夜更かしはやめましょう。

2.外出ついて
A.人混みを避けましょう
スーパー、デパートなどの人混みは成る可く避けるようにしましょう、また特に風邪の流行期には必要以外の外食も避けるようにしましょう。

B.帰宅時の注意
外から家に帰ってきたときには、ウイルスや細菌などを家庭に持ち込まないように、外出着は玄関で脱ぎ、『手洗い』、『うがい』をしてから家庭生活に入りましょう。
目次へ戻る】【検索へ戻る