Q.45 6ヶ月の赤ん坊ですが、人見知りが激しく困っています、脳に異常でもあるのでしょうか?
A.45 程度はどうあれ人見知りは病気でないことを認識することが大切です。
人見知りは6〜7ヶ月頃になると始まります、恐怖に対する感情が芽生えたもので、知能が正常に発達していることの1つの目印です、人見知りが激しいからと言って親がはずかしがることはありません、むしろ小児科医の立場から言えば人見知りを全くしない場合には知能の発達に異常がないかを他の診察項目で確認する必要があるほどです。
概して少人数の家族で静かな暮らしている場合ほど人と接触する機会が少ないために人見知りが強く出ることが多いようです。
多くの場合1才を過ぎれば徐々に消えていきますので心配ありません、段々に家族以外の大人に接触させることから始めて下さい、焦りは禁物です。
尚、脳の異常のある場合には、人見知りをしないことが普通です、いずれにしても乳児健診をお受けになっていれば脳の異常について考える必要はありません。
目次へ戻る】【検索へ戻る