Q.63 4ヶ月の乳児ですが、1ヶ月くらい前から寝汗をかくようになりました、食欲、機嫌も悪くなく、熱、咳などの風邪症状もありません、このまま様子を見ていて良いものなのでしょうか?
A.63 一般的には問題ないと思いますが、一度小児科の専門医に放置して置いて良いものかどうか診察を受けて置かれれば、さらに安心です。
長く続く寝汗は、従来結核の一つの症状と言われていましたが、特に子供の場合は因果関係は証明されておらず、健康な児ほど寝汗を多くかくと言う学者もいるほどです。
寝汗は体温調節の重要な役割を持っています、大人では就寝時6−7時間で平均ビール瓶1本分くらいの発汗があると言われています。
乳幼児は大人より汗をかきやすく、健康な乳幼児では就寝後、頭部、額、首などを中心に汗をかくのが一般的で、特に就寝まもなく沢山の汗をかくことが普通です。
この現象は横になることによって起こる一種の反射と考えてよく、発汗により体温の調節をしているわけです。
当然、夏の方が多く、その場合は『あせも』への注意が必要ですし、目覚めてからの水分補給も夏場は特に大切です。
上記より、寝汗以外の症状が全くないのであれば、様子を見ていて良いことになりますが、念のため一度、掛かり付け医の診察を受けておけば、より安心できると思います。

目次へ戻る】【検索へ戻る