Q.77 生後10日の男児ですが、お乳の部分がふくらみ、押すと乳が出ます、心配はないでしょうか?
A.77 さわらずに様子を見て下さい。
奇乳(魔乳)と思われます、一般的には生後3〜4日頃から腫れが始まって押すと乳が出てきます、成分は母親の初乳に似たもので、おなかの中にいる時の母親の乳汁を分泌するホルモンの影響と考えられており、男女の差はなく起こりますが、女の子の方が早く始まることが多いようです、病的なものではありません。
腫れは程度の差はありますが、多くの赤ちゃんにみられ、未熟児には少ないので成熟して生まれてきたと言う見方も出来ます。
1〜2週目頃がピークのことが多く、1ヶ月頃にはほとんど消失しますが、2ヶ月以上続くこともあります、いずれにしても自然に消えますので、何もせず様子を見ていて問題はありません。
押したり、搾ったりすると乳汁の分泌を増やしたり、細菌感染を起こすこともありますのでなるべくさわらないようにして下さい。
腫れが赤くなったり熱を持つときは産婦人科か小児科を受診して下さい。
尚、奇乳がおさまった後、乳房の先っぽに小さな真珠みたいなものが出来ることもありますが、やがて自然に取れますので、さわらないように様子を見て下さい、これも周囲が赤くなるようならば、受診して下さい。

目次へ戻る】【検索へ戻る