Q.83 ロタウイルスワクチンが2種有りますが、違いは?効果の差は?
A.83 決められた回数接種すれば免疫効果はほぼ同等です。
現在接種されているワクチンはロタリックスとロタテックです、下記に比較表を載せておきます。
接種途中でのワクチン変更は出来ません。
製品名 ロタリックス ロタテック
接 種 回 数 2回 3回
標準的接種スケジュール
(誕生日を生後0日と数えます)
1回目 生後6週〜20週0日(推奨は15週未満)
2回目 (1回目から4週間以上開けて)〜24週0日
1回目 生後6週〜24週0日 (推奨は15週未満)
2回目 (1回目から4週間以上開けて)〜28週0日
3回目 (2回目から4週間以上開けて)〜32週0日
副作用  鼻水、発熱、興奮しやすい、下痢、嘔吐など
  (希に腸重積???)
同左
接種前後の注意 接種前30分以内の授乳禁止
接種後10分間は授乳禁止
接種後1週間はオムツの処理後よく手を洗う
同左
接種後、周囲への感染
(腸からのウイルス排せつ量)
多い
(ヒトロタウイルスなので、よく繁殖する)
少ない
(ウシロタウイルスを使っているのでヒト腸内での
繁殖が悪い)
ロタウイルス胃腸炎に対 する予防効果 79.3%〜82.0% 74.0%〜74.5%
重症ロタウイルス胃腸炎 に対する予防効果 91.6%〜96.0% 90.0%〜98.0%
ワクチンの製法
(製法は違っても決められた回数を接種すれば
同等の免疫が得られる。)
代表的な1種類のヒトロタウイルスを弱毒化したもの ヒト、ウシのロタウイルスを使って 遺伝子組み換え
した5種類のウイルスを混ぜて作る
ワクチンのウイルス量  10^6個
(ヒトロタウイルスなので、よく繁殖する)
10^7〜10^8個
(ウシロタウイルスでヒト腸内での繁殖が悪いため
ワクチンのウイルス量を多めにしている)
ワクチンメーカー グラクソ・スミスクライン(株) MSD(株)

目次へ戻る】【検索へ戻る